SERVICE 事業案内

コンテンツメニュー

借地権の問題解決事例04

売却できない借地権を
地主様に返還するコンサルティング

  • R様からの
    ご相談内容

    本当に借地権は売れるの?
    どのように進めて行けば良いの?
    叔母が最近亡くなり、叔母の自宅を相続することになりましたが、土地は借地権であることが分かりました。私には借地権に対する知識が無かったため、知り合いに相談したところ、借地権でも売れると言っていましたが、売り方については知らないとのことです。インターネットや本でも調べてみましたが、ますます分からなくなりました。知り合いの言う通り、本当に借地権は売れるのでしょうか?売れるのであれば、どのように進めて行けば良いのでしょうか?
  • 提案・対応策

    地主様に現況での受け取りを
    相談することをお勧めしました。
    残念ながら、R様の借地権は売却が難しいものでした。実は全国的にみると、借地権は売れない地域がほとんどで、売れるのは住宅地ですと東京・神奈川・千葉・埼玉や神戸といった、ごく限られたエリアだけというのが実情です。このような借地権の売却が難しい地域で借地権が不要となった場合、原則として建物を取り壊し、更地にした上で土地を地主様へ返さなければなりません。この場合の建物取り壊し費用は借地権者さん負担となりますが、地主様の中には建物を取り壊さず現況で土地の返還に応じてくれる方もいますので、まずは地主様に相談することをお勧めしました。
  • 対応後の
    効果・結果

    地主様とのやりとりを
    コンサル委託し完了されました。
    R様が地主様に相談した結果、やはり建物を取り壊した上、更地での返却を希望されました。R様はお仕事をされていますし、後のことは専門家に任せたいとのご意向で、借地契約の解除から建物の取り壊し、更地での土地返還に至るまで地主様とのやりとりを、弊社へコンサルティング委託され完了されました。

その他のコンテンツOTHER CONTENTS

借地権の問題解決事例
一覧にもどる