SERVICE 事業案内

コンテンツメニュー

底地(貸宅地)の問題解決事例04

お客様の抱えるお悩みを
トラブルなしで解決へと導く

  • Y様からの
    ご相談内容

    両親が亡くなり、今は相続税で
    頭が一杯。どうしよう...。
    父親が先日亡くなりました。相続財産に底地(貸宅地)があり、何をどうすれば良いのかわかりません。私自身は借地権者様とあまり面識がありませんが、毎月下旬には地代を持ってきますし、母親も5年前に亡くなっているので、私が何かしらの対応をしなければならないと思っています。仕事もしていますし、相続税の納税などで頭が一杯です。何か良い方法はないでしょうか?
  • 提案・対応策

    2つの問題を解決するため、
    底地(貸宅地)の売却をご提案。
    お父様からのご相続によって支払わなければならない税金に対し、Y様がお持ちの現金は不足しています。相続税は現金納付が基本ですから、まずはこの点をクリアしていかなければならないのと、Y様はお仕事をされているので、地主を引継ぎ底地(貸宅地)の維持・管理を継続していくのが困難だと思われますから、この点もクリアにしておかなければなりません。この2つを同時に解決する方法は、底地(貸宅地)の売却しかありません。底地(貸宅地)を換金すれば十分に相続税は支払えますし、当然ながら売却してしまえば底地(貸宅地)の維持・管理に頭を悩ますこともありません。ただ過去に同じようなケースで、相続人が底地(貸宅地)を売却された先が借地権者様とトラブルを起こし、結果的に相続人へのクレーム、借地権者様とのトラブルに発展したこともございましたので注意が必要でした。
  • 対応後の
    効果・結果

    借地権者様からの反響もなく、
    安心して納税を完了されました。
    まずY様は底地(貸宅地)の売却に関し不動産仲介会社を通じて3社から見積りをとり、結果的に価格では2番手でしたが信用度の高い弊社へ底地(貸宅地)を売却されました。底地(貸宅地)を売却してから1ヶ月程度は、借地権者様から真偽確認の問い合わせ程度はありましたが、それ以降借地権者様からの反響は一切なく、安心して相続税の納税も終えられました。

その他のコンテンツOTHER CONTENTS

底地(貸宅地)の問題解決事例
一覧にもどる